本文へ移動

ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

千葉市立郷土博物館 ~千葉市制100周年記念特別展~

2021-08-27
オススメ
千葉市制100周年記念特別展に行ってきました
千葉市立郷土博物館では、8月3日(火)~10月17日(日)の76日間にわたり、『令和3年度 千葉市政100周年記念特別展(子どもの瞳に映った高度経済成長期の千葉市)』を開催しています。展示品としては千葉食品コンビナート協議会「CFCのあゆみ」とCFCで所有している古い新港地区の写真、千葉共同サイロ株式会社玄関ロビーに展示してある施設模型が陳列されています。CFC及び会員のHPを観た郷土博物館職員の方が是非お借りしたいとの相談を受け、夫々貸出しました。


8月17日に郷土博物館へ数十年振りに伺うと職員の方から夫々の展示について説明を受けました。展示は、千葉市の高度経済成長期を子どもの視点を通して紹介しています。「第2章 工業化の進展」において、本邦初の食品工業団地として、千葉市の生産都市化に大きく貢献し、かつ高度経済成長期以降の市民の食生活を支えてきた千葉食品コンビナートについて説明しています。昭和30年代の埋め立て工事から徐々に企業誘致がされ、新港地区に食品コンビナートが出来上がったことが古い資料や模型、写真等で回想されています。
他にも昭和30年代から50年代にかけての千葉市の歴史、国鉄千葉駅や京成千葉駅が現在の位置に建設される過程や駅前の商店街、百貨店(扇屋、奈良屋、そごう)等の写真が展示されており、とても懐かしく拝見することが出来ました。
『高度成長期の千葉』 令和3年度特別展図録より
上の写真は、千葉市制100周年記念 令和3年度特別展図録よりCFC及び千葉共同サイロから貸し出した資料の説明です。
2-19は、平成27年1月発行の創立50周年記念誌 「CFCのあゆみ」
2-20は、千葉共同サイロの玄関ロビーにある施設模型

下の写真(2-17)は、昭和44年ころの新港の埋め立て地のものです。左上に見える建物が千葉共同サイロと千葉製粉です。まだ近隣には大きな建物はありません。写真上方はまだ海で高洲団地が造成されるのは、この4年後(昭和48年頃)になります。
下の写真(2-18)は、現在のケーズハーバー辺りから日本サイロを写したものです。
写真の説明にあるように、千葉食品コンビナートは、昭和39年(1964年)最初の東京オリンピックの年に日本で初めて作られた食品工業団地です。
他にもホーロー看板の「オロナミンC」、「ボンカレー」、「バーモントカレー」等   
昭和30年代の子供のころに記憶を戻してもらったような気がしました。

この特別展は、小中学生の夏休みを狙ってこの時期に開催していますが、平日でもあり8月からの緊急事態宣言の影響か拝観者は少なかったです。そんなに広いスペースではないのですが、とても懐かしく展示を観ていましたので、あっという間に時間が過ぎて行きました。
もしよろしければ、皆さんも行ってみてはいかがでしょう。
『千葉市立郷土博物館』 千葉市中央区亥鼻1丁目6番1号 
千葉都市モノレール 県庁前から徒歩約10分
https://www.city.chiba.jp/kyodo/tenji/kikakutenji/tokubetsu_2021.html




CFC新年賀詞交歓会 開催中止のお知らせ

2020-12-09

会員各位


例年恒例の「CFC新年賀詞交歓会」につきましては、新型コロナウィルス感染拡大防止の

観点から開催を見送ることになりましたので、会員の皆様へお知らせいたします。

 

《CFC新年賀詞交歓会 開催中止》

日程:2021年1月15日(金)

場所:オークラ千葉ホテル

 

毎年150名以上の会員の皆様に出席して頂き、CFC最大のイベントとなっております。

来年度(2022年1月中旬)も企画しご案内致しますので、皆様奮ってご参加ください。

2019年度CFC新年賀詞交歓会より
賀詞交歓会
加瀨会長挨拶
お楽しみ抽選会

臨北協 令和2年度第1回研修会(県内視察)に参加しました。

2020-12-07
東葛テクノプラザ会議室
植物工場プラント
研究室見学
千葉県臨海北部工業連絡協議(臨北協)主催の令和2年度第1回県内視察研修に参加しました。
通称「臨北協」は、千葉県商工労働部産業振興課 産業・新エネルギー企画室が事務局です。

《第1回研修(県内視察)》
日 程:2020年11月26日(木)13:30~15:30
場 所:東葛テクノプラザ(柏市) 
参加者:15名(当協議会からは事務局のみ参加)

東葛テクノプラザは、産学官連携のもと、地域企業の技術力・開発力の向上、新産業の創出やベンチャー企業の育成などを目的に平成10年11月に開所された千葉県の産業支援施設です。開所以来20周年を迎えインキュベーター(貸研究室)から約140社が巣立ち各方面で活躍しています。
①インキュベーターの提供を通じて研究開発型企業への支援
②試験研究機器等を用いた技術支援
③産学官連携による企業支援を主に実施しています。
今回の視察では、同施設の概要説明後2社(㈱エコデシック、㈱Pale Blue)のラボを見学させて頂きました。
㈱エコデシックの事業内容は、水耕栽培技術を組み合わせた植物工場システムの開発と販売が主で、ラボでは葉物中心の野菜栽培プラントを見学しました。
㈱Pale Blueでは、水を推進剤とした小型宇宙推進機(水蒸気式・水プラズマ式)の研究開発を行っています。水蒸気式エンジンは既に2019年に小型衛星に搭載し宇宙に打ち上げ済みで、2021年には2機の小型衛星に搭載され打ち上げ予定とのことでした。

今年度は新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、視察研修会の開催自体が危ぶまれましたが、視察地は一か所に限定し少人数での開催、観光バスを利用せず現地集合・現地解散というスタイルで開催することができました。

千葉市の海辺 ~ 遠浅のうみ 豊かなめぐみ ~

2020-10-16
千葉市の海辺 第2章 海辺の産業
千葉市副読本「千葉食品コンビナート」の紹介

千葉市内の小学校新5年生向けに千葉市が、「千葉市の海辺~遠浅のうみ 豊かなめぐみ~」を製作しました。

「海辺の産業」として千葉食品コンビナートがイラスト付きで紹介されています。

当協議会では、千葉市都市アイデンティティ推進課より依頼を受け説明文やイラストの監修を行いました。


「千葉市の海辺」(副読本)については、以下千葉市のURLでデータを閲覧することができます。

千葉市のホームページで

千葉市の海辺

検索


 令和2年3月発行:千葉市・千葉市教育委員会



第46回通常総会議決報告について

2020-05-19

第46回CFC通常総会は、当初2020年5月18日(月)16:00~19:00
オークラ千葉ホテルにて、通常総会及び総会後に懇親会を開催する予定でした。
然しながら、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から書面により各議案に
ついて皆様にご審議いただくこととなりました。
 
5月11日(月)付け、書面表決によります第46回通常総会において、提案致しました
各議案につきましては、全て原案どおりご承認をいただきましたのでご報告致します。
 
第1号議案 2019年度事業報告及び収支決算報告等について
第2号議案 2020年度事業計画(案)及び収支計算書(案)について
第3号議案 役員の選任について
     
また、今回任期満了によります理事12名、監事2名に付きましても全員重任となり、
2020年度も加瀨会長のもとCFC発展のため邁進して参りますので、会員皆様のなお
一層のご協力を賜りますようお願い申し上げます。
TOPへ戻る